解体工事業界へ転職するときに有利な資格ってあるの?

異業種から解体工事業界に転職する場合のオススメ資格やスキルについて

解体工事の仕事について確認しよう

解体工事業者の仕事は現場での解体工事以外に事務作業もあります。 会社によっては解体以外の仕事もあるため、建設業に関連した専門資格を保持するのがオススメです。 営業職でも、事務系の資格を持っておくと活かせるでしょう。 そこで、各部署で働く場合にオススメの資格を確認しましょう。

解体工事業者で働く場合に持っておくと良い資格とは?

不要になったり耐震性が低下したりなどで、建物の取り壊しを希望する人がいます。
そのような建物を、解体工事業者が取り壊します。

戦前だとハンマーのような工具を用いて手作業で解体工事をしましたが、昭和40年代以降になるとショベルやハンドブレーカーといった重機を用いた作業が中心でした。
近年では重機は更に進化しており、高所や狭い場所でも作業が可能です。

解体工事の仕事をするなら、まずは重機を操作できるオペレーター資格を保持するのがオススメです。
円滑に重機使用ができれば作業期間短縮も図れるので、会社だけでなくお客さんにとってもwinwinの結果になるはずです。

現場作業をする際、作業員や周囲の住民への安全を届けるために、建物の周囲に養生シートを被せたり足場を設置したりする作業があります。
場所によっては粉塵や防音対策をします。
各種作業は鳶職人が行いますが、とても大事な仕事の1つです。

他には、公共工事の入札やお客さんからの依頼に応じるために、営業担当者も欠かせません。
時には補助金申請や工事の許可を得るために、自治体への書類提出の仕事もあります。コミュニケーション能力以外に、事務処理や簿記のスキルも持っておくと活かせるのではないでしょうか。

解体工事業者に転職する場合に、自分の実務経験と上手くマッチングできれば、採用となる可能性は増します。
そのうえで、体力や協調性も欠かせません。
持っておくと良い資格とスキルと、1つの会社で長く仕事ができるためのコツをご紹介しますので、参考にしてみてください。

資格も大事だがスキルも見逃せない

解体や建設、営業に関する専門資格を持つのは大事ですが、それを仕事で活かすためのスキルも必要です。 現場作業員と営業職に分けて伝えるので、参考にしてみてください。 ちなみに業界未経験者であっても、頑張り次第では解体工事業者で必要とされる人材になれるかもしれません。

1つの会社で可能な範囲長く仕事をするためのポイント

転職が成功した場合に、長く仕事をできるためのスキルも持っておくのがオススメです。 解体工事業者の職人と仲良くなって上手にコミュニケーションが取れると、仕事以外の面でも学べることが増えます。 異業種交流もできれば1つの武器になるでしょう。 解体工事の仕事は奥が深く、長く勤めるときっと得られることも増えます。

TOPへ戻る