異業種から解体工事業界に転職する場合のオススメ資格やスキルについて

1つの会社で可能な範囲長く仕事をするためのポイント

職人と仲良くなる

解体工事に関する資格取得をした後、一緒に仕事をする職人と仲良くできれば、より働きやすくなるでしょう。
上手くいけば、専門資格を活かせる可能性も増します。

職人は年上の人が多い傾向にあります。
特に現場監督や責任者だと、経歴20年以上の人もいます。
年上の職人に可愛がられるスキルがあると、大きな武器になります。
現場作業や営業を問わず細かな作業が必要です。
職人の中には、細かな所まで仕事をするのは煩わしいと感じるかもしれません。
各種積極的にする人は好まれる傾向で、少しずつ自然にできるようになれば、きっと評価してくれます。

また、解体工事の仕事は肉体面と精神面でタフな仕事であるため、現場での言葉遣いが厳しくなるケースもあります。
引きずらないで日々誠実に仕事ができる人は、長く続けられるでしょう。

自分なりにスキルを磨くために

現場作業や営業を問わず、解体工事の仕事は単一になりがちです。
視野が狭くなってしまうとさまざまな部分で成長もできません。

例えば、青年会議所のような地域や社会の発展に繋げるための団体に入会をして活動に参加するのも1つの方法です。
異業種との交流も図れるため、賢く活用できれば仕事での視野が広がる以外に新たな仕事も得られる切っ掛けになります。
それにより、自分だけでなく会社や相手にとってもwinwinの結果につながります。
解体工事における専門資格の有無は大事ですが、コミュニケーション能力や地域貢献したい気持ちがあれば、会員さんも受け入れてくれるでしょう。

ただし、地域行事参加や定例の会議などへ積極的にするので、自分のプライベートの時間は確保しにくい傾向のようです。
また、入会を希望するには会社に理解を得るのも必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る